tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん


エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん

タイトル ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
紹介文 当シリーズをネトラレというタイトルにしなかったのは既にこの映像があったから。自分の元を離れていったのが恋人でも配偶者でもなく、溺愛する家族だったケース。いつまでも猫かわいがりする姉と、それを煩わしく振舞いつつも感謝が絶えない弟。二人で支え合い、生きてきた姉弟が本作の被害者だ。起きられずにいる弟の頬を寄せ迎える朝。今日あった出来事だけで笑い合える夕食の時間を過ごし、「オヤスミ」と手を振り眠りにつく。幸せな毎日。弟には夢があった。映像監督になる夢。本当はAVだったけど、いつか伝えられればいいなと思っていた。姉は男性経験が少ないから理解してもらうには時間がかかるだろうけど。職場はいい人達ばかりだったが、専属キモ男優に服従している姿は異常だと思った。臭い息をふきかけ、頭をこづいてくる大嫌いなあの男。所謂キモメン。ただのデブ。我慢できたのは、いち早く自立することが姉への恩返しだと思っていたからだ。だから、正社員になれたという報告は真っ先に聞いてほしかった。狭い路地を駆け抜け、家のドアを開ける。大好きな優しいいつもの表情。少し苦しそう。でも、幸せそうに顔を赤めてるようにも見える。違和感が確信に変わったのは姉が上げた下品な呻き声だった。まるで獣の交尾を見ているかのようで、華奢な身体にのしかかって腰を振っているのはあの醜いブタ男。エサにがっつくようにヨダレを垂らしている。少年は必死で思い出そうとした。でもできなかった。尿を口に注がれ、嗚咽まみれでイラマを受け入れ、真正中出しをされて嬉しそうな色に狂ったこの生き物のこと。
レーベル名 玉屋レーベル
カテゴリ 辱め
出演者



foot


この動画の高画質フルムービはこちらをクリック





1
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
2
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
3
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
4
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
5
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
6
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
7
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
8
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
9
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん
10
エロ動画7 | tamaya-0100 ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん